英語を教えたい > これから 英会話講師を目指す方へ Vol. 8

日本人英会話講師のメリット

はじめに

英会話を習うなら、日本人講師と 外国人講師、どちらを選ぶべき? この古典的な問いに 「答え」を求めるべきではないでしょう。 主観的なモノサシでは  答えの出ない問い だからです。

ただ 英会話スクールや 関連業者は、その「答え」を昇華させ 自身の英語教育プログラムに 反映させる べきだと思います。

MyPace English (MPE) が 日本人英会話講師のみを 起用する 理由は、下記の 英会話講師 研修マニュアル(抜粋)に そのヒントが記されています。 参考になる部分があれば 幸いです。

英語学習は、右脳型アプローチと 左脳型アプローチの2ウエイで考える

MPE は 日本人には 左脳型英語教授法が 効率がよいと考えます

右脳は 感性 (音楽、運動など)をつかさどり、 左脳は 理性 (言語、論理) をつかさどると言われます。

日本人英会話講師は 日本人生徒に 左脳向きの英語情報(文法解釈、ニュアンス、コンテキストの構成)を送るのが 得意です。

外国人英会話講師は 日本人生徒に 右脳向きの英語情報(ストレスタイミング言語の特性)を送るのが 得意です。

2つのアプローチは 英語学習に欠かせません。 ただ、外国人英会話講師の得意とする ストレスタイミング言語 としての特性(英語の抑揚、スピード感)の伝授は、英語学習教材(CD 音声)を用い、シャドーイングなどの独学で 十分上達できると考えます。

それに対し、英語のニュアンス、コンテキストの構成(帰納法にしたり、演繹法にしたり、時系列に並べたり)の 指示・意見は 日本語で説明した方が より深い理解につながります。

理由1: 外国人講師から学べる事は 英語教材を用いた独学・自習で 学べる事 である。 なぜなら 音声自体が 形式知で「答え」のあるからです。  それに対して 日本人講師から学ぶ情報を 生徒が自分で収集・理解する事は難しい。 なぜなら ニュアンスや コンテキストに対する 解釈は 暗黙知であり 「答え」でなく「良質な仮説」であるからです。 そして その「良質な仮説」は その人の英語力や キャパシティに合わせて 説明されるので、深い理解が生まれる。 日本人講師にしかできない、個人レッスンでしか生まれない 英語学習の成果がある と考えます。

—————————-

英語の発話量を最大限に増やす、アウトプット主体 のレッスン

参考1:
人が言葉を耳にした時、言語として認識された音声は左脳に、言語以外と認識された音声は右脳に送られます。「その言葉は聞こえるのに、その言葉が理解できない」 場合、右脳は その言葉を雑音(ノイズ)として処理します。 (聴覚情報処理)

参考2 (音声処理の仕方は その人の母国語により異なる一例):
西洋人は 鈴虫などの鳴き声を 雑音として 右脳(音楽)として処理しますが、日本人は 虫の鳴き声を左脳(言語)として処理します。 東京医科歯科大学 角田忠信教授の実験より

日本人が 聴覚でインプットした英語音声を 左脳で処理できるようになるには 時間がかかる。 それであれば、もっと左脳寄りで 英語発話を中軸に置いた アウトプット(英語で実際に話すこと)主体の 英会話レッスンにした方が 時間効率がよい。 なぜなら 英語が聞き取れないのは 聴覚のせいでなく、自分の話す英語が アメリカ人の話す英語と 語い、発音、スピードの3点に於いて 違いすぎるからだ – 自分の発話(アウトプット)する英語を 最適化 すれば 自然に リスニング(インプット)の課題は 改善へと向かう。 英語のシャドーイングを日課にしている方。 言語学の仮説 モーターセオリー (Motor theory of speech perception) に同意する方であれば、この意味が分かると思います。

理由2: 生徒さま が英語学習に注げる時間は オープンエンドでは ありません。 週1回 60分、クローズエンドの時間枠を効率化 するために 英語発話中心のレッスンをデザインし、アウトプット量を増やす。 アウトプットの中で 発生した 生徒さまの質問に答え、生徒さまの 気づき に 解釈を加える(フィードバックを受け止め、質問を掘り下げ、相互理解まで導く)。 このヒューリスティック的 アプローチが 一番 時間効率が良いと考えます。 

* 日本人英会話講師を、外国人講師と比較するのでなく、AI と比較し 優位性、劣位性 について 仮説を検証する時代に 入った と考えます。

子供英会話について:

左脳(言語、論理)は 6~7才位から 発達し、10才位には ある程度の (情報を消化できる) 器に成長します。 6才以下の 子供は 未発達な左脳で 音声情報を処理しますので、英語学習という音声情報「かみ砕いて」上げなくてはなりません。 「かみ砕き」の一部として 日本語を交えた レッスンが効果的であると考えます。

例) 5才の子供も リンゴの絵 を見せれば オールイングリッシュの授業でも apple は 簡単に覚えます。
ただ He と She の違いを オールイングリッシュで教えた場合 「He はお父さん、She はお母さん」と狭義の解釈、間違った理解をすることも少なくありません。 日本語を交えたレッスンであれば、このような間違えが 起こる可能性は ほとんどありません。 日本語を使えば 抽象を 具象に落とし込み 分かりやすく説明できます。

具象的な名詞(例 apple) を子供に記憶させることは 外国人講師にも出来ます。 しかし抽象的(英文法の基礎など)事柄を 外国人から習得することは 難しい。 そのため 外国人から英語を学ぶと、ブロークン英語になりやすい。 また 英語操作応用力が低くなる – 絵で見て 音を聞いて 右脳で覚えた英語情報を 左脳(応用力)に 送れない状態。 この点に気付き 我が子の ネイティブ英会話先生による授業をストップし、当社でゼロから 英語をやり直す事を 選んだ ご父兄様も います。

日本人英会話講師のレッスンの場合、英単語のつなげ方(文法)を教え、フルセンテンスの一文を作る技能は 左脳型情報に。 音素(フォニックス)や、抑揚(イントネーション)を教える時は 右脳型情報に 分ける。 つまり2つのアプローチを 場面に合わせ 使い分けられる。 この2ウエイアプローチを基本に MPE の英会話プログラムは 作られています。

成人英会話について:

例: ある生徒の言葉) 「外国人から 英会話レッスンを受けた場合、具体的な事が 頭に残らない。 日本人講師から 英会話レッスンを受けた場合、レッスンのポイントは 翌日でもクリアに思い出せる。」

これは 単純に 日本語の方が 英語よりも 記憶想起 しやすいからです。 英会話は学習、学習は記憶の積み重ね。 ですから英会話レッスン 記憶、情報整理・体系化 がしやすいのは 日本人英会話講師によるレッスンであると考えます。

文法の説明に関しては 左脳型(論理)の日本語説明の方が 受講者にとって分かりやすい事は 容易に想像できるでしょう。

シンプルな仮説
英英辞典が使いこなせない人が 外国人講師から 英語レッスンを受けると 大きな時間ロスが生じる

外国人英会話講師、日本人英会話講師から 習うべきか? この問いに対しての MPE の基準は:
英英辞典 が使いこなせる方は、ネイティブ講師から習うのが良いかも知れません。 しかし 英英辞典を 使いこなせない人が、ネイティブ講師から 英語を習うと 時間のロスが発生する。 そして初心者の方の場合、レッスン時間の半分以上が ブランクタイム(脳が有効に活動していない時間)となるのではないでしょうか?
* 英語という抽象情報を どれくらい応用・理解できるかは、その人の 英英辞典の使い方 を見れば すぐに分かります

MPE は基本週1回 60分の個人レッスン。 短いレッスン時間内で 成果を出すために 受講者の言語脳(左脳)が消化しやすいフォーマットに 情報を落とし込み、渡す。 これの繰り返しです。

もちろん、日本人講師が ネイティブ講師から 学ぶべきこともあります。 その一つには リズム・テンポが 短期記憶を活性化するという点です。

子供たちや、初心者の方に英語を教える時、平易な説明を心がけるあまり、講師はリズムや、テンポ・スピード感を忘れがちです。 簡単な英語文章でも 早口で抑揚をつけて言えれば それは 知識として 結晶化します。
備考: 内容は少し 音楽寄りとなりますが 国立研究開発法人理化学研究所(理研)の 宮崎敦子 客員研究員 のインタービューなどは参考になる部分が多くあります。

講師のみなさんは どう思いますか? ぜひ ご意見を聞かせてください。

——————————————

日本人英会話講師 募集・求人

日本人英会話講師 募集・求人

MyPace English (マイペース・イングリッシュ)での、英会話講師は登録制。 通年で日本人英会話講師を募集・求人しています (東京と 東京近郊の埼玉、神奈川、千葉エリア)
翻訳者の表現力、通訳者のスピード。 英語力を活かした個人レッスンは、グループレッスンでは再現不可能な領域。 英語力、検証力、人の心を受け止める洞察力、様々な要素が重なり合って、誰にも真似できないことが形になっていく … 創意工夫、時には試行錯誤までが成果につながる英会話講師のお仕事です。
お医者さま、経営者の方々や、そのご家族など 知的な方・ご家庭での、ご受講が多いことも特徴。 講師全員を支える、環境を整えています。
英会話 家庭教師業者として、全国でも最高水準の条件・給与・研修制度を用意。 主婦の方にも無理がない 長く続けることのできるお仕事です

おすすめの記事へ GO!

アート専攻の方へ – 英会話講師に応募してください

アンラーニング (Unlearning) – 英会話講師研修より

講師求人・募集に書けないメソッド – 子供英会話の水準が高い!

ビジネス英会話 求む Cool な女性講師!


株式会社 アルファベット・ムーン/ MyPace English (マイペース・イングリッシュ)
〒160-0022 東京都新宿区新宿 4-3-17 FORECAST 新宿 SOUTH 6階