キッズ英会話 > 小学校 英会話

小学校 英語の必須化 – 好成績を修める 英会話 個人レッスン

一部で 2018年に始まった 小学校での英語の必須化。 2020年度からは 小学校3年生から必修科目として 年間35時間、小学校5年生からは 正式課目として 年間70時間の英語授業が実施されます。

小学生に求められる英語技能は オーラル・コミュニケーション(Oral Communication – 会話による意思伝達)で聞く、話す が中心。 使用する単語は 600~700 words で、中学生が 英語の授業で習得する 半分以下の単語量ですが、大人でさえ苦手な人が多い、英語を聞いて、英語で答える に焦点を合わせた 小学生の英語授業の内容はどのようなものになるのか? 評価・採点の基準はどこに置かれるのか? 不安に感じている ご父兄さまが 多いように思われます。

英語必須化に関する 小学生のご父兄さまから 寄せられた 主な意見:
 英語を習っている生徒だけが よい成績を修めるのではないか?
 生徒 一人ひとりの 英語の話す力 を評価するのは難しい。 授業中、積極的に答える生徒が パフォーマンス評価で良い成績を修めるのではないか? (うちの子は慎重で、答えを分かっていても 100% の自信がないと答えようとしないという子供が、教育熱心なご家庭に多いようです)
 英語文法の知識がほとんどないのに 英語を話す ことに 小学生 は混乱しないか?

不安は 取り越し苦労に終わる かも知れません。

ただ、将来の 中学・高校受験や 大学入学共通テストでは より 英語を聞く、英語を話す の採点比重が高くなることは ほぼ確実なので、小学生のうちから 英語を話す(英語を発話する) ことを 「すごく得意」 にしておくのは 得策 です。

小学生から英会話 個人レッスンを始めるメリット
– 中学1年生よりも 小学4年生の方が 英語の発音が習得しやすい。 (第二言語習得における臨界期仮説)
– 英語が正しい発音で 話せる小学生は、リスニングも得意です。
– 小学生で 英語好きな子は 単語と単語のつなぎ方(文法)を理解すると、表現力が広がる。

MyPace English の小学生の英会話で 使用する単語は 1200程度。 小学校の英語カリキュラムの 2倍の単語量ですが、
みな無理なく 単語を発音記号通り 正しく発音し、6~10 words のセンテンスで 答えています。

発話中心の 小学生向け 英会話 個人レッスン。
小学校での 好成績を修めることは 大切ですが、結果を出したいのは その先。
ホームスティ、期末試験、受験 と 10代に連続する 英語力が問われる場面で 子供たちを 最良の方向へと導きます。

関連する記事

英語発話・発音 – キッズ英会話 プログラムについて

子供英会話の 英語発音を お母さまと 考える – 清水 由梨 様

小学校5年生の古田君 – サッカー、英語、受験、全部頑張る

幼児の英語学習開始の 適齢について - 幼児期の英語は本当に必要?