英語を教えたい > 子供英会話 – 幼児の英語学習開始の 適齢について

この記事は MyPace English (MPE) の英会話講師研修マニュアルの 一部を 抜粋・修正したものです。

はじめに – 低年齢化をたどる 幼児英語教育

下記は あくまで 参考までの資料 ですが、
ミキハウス子育て総研による調査 「通わせてますか?習い事(2018年10月)」に よると
子供たちが通う 習い事で多いのは 1位 水泳(37.5%)、2位 英語・英会話 (16.2%) という結果が公表されています。

小学校英語の必修化も手伝い ご父兄様の 早期英語教育に対する 関心は 年々高まっているように 見受けられます。

ただ、一般的な子供英会話教室のプログラムは 旧態依然 の お遊び型 が主流であり、英語操作能力の育成 には 及ばない 内容と言えるでしょう。

その点、座学に近く、ESL (English as a second language)を 日本人の子供たち に合うように
再定義した プログラムを催行する MyPace English (MPE) は 理に叶うもの であると思いますが、
お遊び中心の 日本の子供英語教育業界では むしろ 異端として 映るかもしれません。
* 子供英語 = お歌・お遊び の 不思議な公式 が成り立っているのは 日本だけです。

備考: 何故、MPE は座学としての 子供英会話を催行できるのか?
MPE で英語を始める子供たちは 英語教育に熱心な ご家庭が 多く、一般的な お遊び中心の 子供英会話の内容に 疑問を持つご父兄様の教育方針と、MPE の指針に重なる部分が多いからです。

MPE で英語を学ぶ子供たちは、私立小学校受験の準備をしている子や、複数の習い事に通う 子供たちが多いので、一般的な子供より 集中力があります。 集中力があるから、お遊び要素を排除しても 十分合理的、かつ効率的な個人レッスンが 生まれます。 ご父兄様の 教育熱心度と、子供の集中力が あれば 英語にお遊び要素 は不要 。 お遊び = 楽しい という単純な方式は 教育業界には 馴染まないようにも思えます。

子供英会話 開始の適齢は何才か?

英会話の適齢 – グループ・レッスンは4才から、個人レッスンは7才からが 適切であると考えます

一般の子供英語教室は グループ・レッスンが基本ですが、MPE は 個人レッスンのみを 取扱っています。 そして、入会者の年令を4才からとしています。 理由は 座学としての 個人レッスンは 小学生低学年と ほぼ同じ集中力・エネルギーが 必要となり、幼児には荷が重いからです。 MPE の英会話 個人レッスンは 他の英語教室よりも はるかに密度の濃い ものであることも、ご理解いただきたいと思います。

未就業児の場合、無理をして 英語を始めるよりは:
1 英会話 個人レッスンは 7才 或いは6才 まで お待ちいただく。
2 子供に無理がないよう、お母様 30分。 お子さま 30分 (計60分)。 など、集中力が培われるまで レッスン時間を短めに設定する という 選択もございます。 ご検討ください。

3才以下の 幼児英会話は 本当に効果があるのか?

一般的に 人は3才以下の 記憶を 思い出せない と言われています。
これは 幼児期健忘 と呼ばれ、3才までの子供は 海馬の発達が不十分なため との説が 有力なようです。

MPEの基本的な考え方(仮説)は
(1) 英語を含む 言語操作能力は 右脳が司っていると考えます。(左海馬が右海馬より 言語記憶の役割を担っているという仮説)
(2) 記憶は 言語化することによって 残りますが、3才以下の子供の言語操作力は 未発達なため、記憶が残りません。
(3) 記憶のメカニズムが 十分な作動をしない時期に 英会話を習っても、学習成果は なかなか見えません。
(4) 経験上言える事: 3才の子供が1年間かかって 習得する 英語知識は、5才の子で4か月、7才の子で2か月程度で、覚えてしまう。

私たちが思うことは、3才以下の子供は 小脳を使って 生命(生存)、次に暮らしの中の安定(社会性) に関わる事から 体得していく。 英語は 成果が出ないだけでなく、自我が芽生えたばかりの幼児に 自我をコントロールすることから始める 座学としての 個人レッスンは、ある種の 矛盾を含んでいるとも考えます。 しかし その矛盾を 乗り越えた子供たちは 英語だけでなく、他の教科でも よい成績を修めているように思えます。

3才以下の幼児が デリケートな事は 誰よりも私たちが 知っているつもりです。
ですので、MPE が 英会話 個人レッスンを承るのは 4才以上との規則を設けています。

MPE の英会話 個人レッスンの 推奨年令は 7才以上。
ただ、東京には 教育熱心なご家庭が多いので、未就学児の英会話 個人レッスンも 多く催行しています。

MPE の英会話 個人レッスン の推奨年令は? と問われれば、女の子で6才。 男の子で7才と
答えます。 60分の エネルギー・集中力を要する 個人レッスンは 子供たちにも負担が多いので 一般的には 上記のように答えます。

ただ、MPE が活動の拠点とする 東京は 他県に比べ、教育熱心なご家庭が集中しているため、
未就学児の 英会話 個人レッスンが スムーズに行われているケースも 多くあります。

未就学児の個人レッスンがうまく行く理由としては
(1) 小学校 受験の準備と並行して 英語を習っている。
(2) 複数の習い事に通う 子供たちは 集中力が高い。
(3) 海外赴任を 予定する ご家庭では、ご父兄様の英語に関する理解が高く、授業の復習を手伝ってくれる。
など、子供の学習能力の差 というよりは、学習環境が整っているためと 言えるでしょう。

最後に – 子供たちと 日々 対面する 英会話講師の皆さまへ

ここでは 子供の集中力が 英語上達のカギとなることを強調しました。 英語も、ソロバンも、柔道も
集中力のある子供から 伸びていく。 教科・ジャンル を問わず 子供向け習い事の先生の 多くは そう考えているようです。

子供の意識は 集中と拡散を繰り返す

英会話講師の皆さまに 知ってほしいことは、
集中力がある の反対は 集中力がない では ないことです。

子供は 意識の 拡散と集中を繰り返す。 拡散があって 初めて集中があるのです。

例)アリの群れを発見し、地面に座り込む子供を 思い出してください。 意識が拡散しているから アリの群れを発見するのです。 大人たちは アリの群れを 発見できない。 視力の問題ではありません。 拡散する意識 も また大切なのです。

(ローランド・ホールが提唱した消費行動の仮説である AIDMAの法則 を知っている人なら 拡散 ⇒ 意識 ⇒ 意図 ⇒ 集中 の流れは 理解しやすいのではないかと 思います)

未就学児にとって、英会話の先生は 多様な他者との関わり合いを 学ぶための 媒体なのです。
だから 私たち講師は 子供たちを 社会に導く Right Indicator である – だから 拡散しがちな 子供たちを うまくリードしよう。

このように 考えて 子供英会話のレッスンに 出掛けては いかがでしょうか?

日本人英会話講師 募集・求人

MyPace English(マイペース・イングリッシュ): 英会話講師になって 英語を教えましょう!
MPE は登録制の 英会話 家庭教師。 東京・東京近郊で 英会話 個人レッスンを展開しています。 翻訳・通訳のノウハウを取り入れた 論理的で深みのある プログラムは 他の英会話スクールには真似できないもの。 お医者様や 経営者、そのご家族が多い 知的で豊かな 仕事環境。 好待遇、高時給を用意して お待ちいたします。 通年の募集・求人だから 今すぐ 応募!

おすすめの記事へ GO!

通訳者が 英会話講師に応募してくれたら すごく嬉しい!

英会話講師を目指す人へ – 良い仕事先の探し方

ビジネス英会話 求む Cool な女性講師!

講師求人・募集に書けないメソッド – 子供英会話の水準が高い!

英会話講師の発音基準について – 聴覚 & 視覚で 2way 発音学習


株式会社 アルファベット・ムーン/ MyPace English (マイペース・イングリッシュ)
〒160-0022 東京都新宿区新宿 4-3-17 FORECAST 新宿 SOUTH 6階