講師募集 > これから 英会話講師を目指す方へ Vol. 1

英会話講師の時給・給与事情(東京編)

求人情報専門の検索エンジン Indeed の検索結果(2018年12月)によると東京都の 英会話 家庭教師の 求人広告に表示される平均時給は:

東京都 英会話 家庭教師 平均時給は 1,554円。 (該当求人広告 3,247件)
東京都 英会話講師 平均時給は 1,660円 (該当求人広告 4,221件)

上記はあくまで目安であり、Indeed は無料広告も掲載するため 労働条件の良くない広告が出稿されている可能性もあります。

ただ、上記 時給 1,554円 及び 1,660円 は 当社(以下 MPE)の平均支払い時給の半分以下
もちろん 給与よりも 経験として英会話講師の仕事に携わりたいという、大学生や 定年退職者もいるので、一概に低賃金を嘆くことはできないでしょう。 ただこの平均値は30年前よりも 低いのではないか? そう思ってしまいます。

参考: MyPace English の給与・待遇

一般的には 業界リーダーである大企業が高賃金で、事業規模が小さくなるにつれ、給与や待遇が悪くなる という 構図が見られますが、英会話・英語教育業界に関して言えば、大手英会話スクールと呼ばれる企業、大学の英語 非常勤講師などの給与は MPE のようなミクロ企業よりもはるかに低い。 また、労使紛争、派遣切り、サービス残業など 新聞を賑わせることも しばしばです。

英語を学ぶことはすごく楽しい。 英語を教えることはもっと楽しい。 ただ生活水準を落としてまで、英会話業界に進むことは とても勧められない。 業界にいる人の多くが同じ意見であると思います。

一般的には グループレッスンの方が、個人レッスンの講師のより時給が高い。
ただ、市場の英語に対するニーズは どんどん細分化し、グループレッスンという箱では もはや対応が難しい。 個人レッスンの需要が増えれば、英会話講師の給与も頭打ち。 このスパイラルから抜けることは、易しいことではありません。

同じ英語業界にいる者としては、憂慮せざるを得ない問題なのですが、時給 3,000円以下の英会話講師は、英語の勉強が足りない人がほとんどです。 これも憂慮せざるを得ない問題です。

MPE は 外国人英会話講師を使わず、英語の専門性が高いので(一般的な先生の仲介・斡旋とは全然違います)、講師登録に応募してくださる方が多く、応募者の中には 大手英会話スクールや、大学で英語講師の経験のある方も少なくありません。

ただ、これらの応募者の方たちは、あまり英語を勉強していない。 そういう印象を受けることが多々あります。 どんなに英会話業界でキャリアを積んでも、時給 3,000円以上の仕事は無理だなと 感じます。

生徒に親身かつ 切磋琢磨している講師の 労働条件は改善されるべきだ。
しかし ミクロ企業 MPE は 日本の教育労働市場を一変させるだけの 影響力は持ち合わせません。

ただ、MPE の講師は、皆頑張っているので、大手英会話スクールよりも 給与面で 割のよい 仕事をしている。 その仕組みを 保持するために 頑張る。 結果として、在籍講師の離職率はすごく低い。 好循環であります。

市場の需要と、供給側の労働条件は綱引きみたいなもの。 少し前に話題になった ヤマト運輸の労働者の疲弊が良い例です。 綱引き(レッド・オーシャン)に巻き込まれない ポジションに会社を置くことが 健全の秘訣です。

これから英会話講師(アルバイトを含む)を目指す方へ:
– 外国人講師より、日本人講師の方が 生徒の英語力を伸ばせる。 英語探究者である自分を信じて。
– 時給 3,000円以下の講師職は避けましょう。
– 英語を勉強してください。 先輩先生たちの英語力なんて、簡単に抜けます。

MyPace English(マイペース・イングリッシュ): 英会話講師になって 英語を教えましょう!
MPE は登録制の 英会話 家庭教師。 東京・東京近郊で 英会話 個人レッスンを展開しています。
翻訳・通訳のノウハウを取り入れた 論理的で深みのある 教授プログラムは 他の英会話スクールには真似できないもの。 お医者様や 経営者、そのご家族が多い 知的で豊かな 仕事環境。 好待遇、高時給を用意して 講師募集・求人中。 ご応募を お待ちいたします。

関連する記事へ
専業主婦は 何故 英会話講師 求人に注目するのか?
講師求人・募集に書けないメソッド – 子供英会話の水準が高い!
フリーランスの方に 英会話業界から 働き方改革を提案